シャンプーだけでは抜け毛は予防できない

抜け毛というものは、様々な要因が重なることで発生します。両親の髪が薄いなどの遺伝による可能性や、乱れた食生活や生活習慣、そしてストレスによって毛髪は一番影響を受けやすいとされています。誰でも髪の悩みは持ちたくないものですが、実際には男性や女性、高齢者に若い世代の子供達にも抜け毛の問題は起こっています。その問題をどのように減らしていくかを考える必要がありますが、毎日のシャンプーだけで解決出来るというものでもありません。清潔な頭皮を保つ事は大前提ですが、シャンプーの方法やマッサージ、そして髪を育てる育毛剤などの利用を行うことで、総合的なアプローチを行う事が適切です。正しい頭皮の管理と栄養、そして髪に悪影響を与えるストレス回避によって、力強い毛髪を育てる事が可能となります。

抜け毛を恐れず積極的な洗髪とマッサージを取り入れる

髪が抜けるのを恐れて、毎日シャンプーをしないという人も意外と多く、その気持ちは理解出来るものです。ただ頭皮の細菌の増殖率は高いため、汚れた皮脂や整髪料などの異物で毛根を塞いだままでいる事は、あまりお勧め出来ません。抜ける事を恐れずに積極的なシャンプーと、頭皮のツボを刺激したマッサージを習慣化すると効果的です。耳の上の生え際の辺りの角孫、頭のてっぺんにある百会、頭の後ろの生え際辺りのくぼみ付近の風池など、髪に良いツボを刺激しながらのマッサージで頭皮もリフレッシュします。マッサージによって頭皮の血流が良くなると、新陳代謝がアップし、髪の成長を助ける力となります。これらの事は自分自身で行える行為なため、意識して取り入れるだけでも気分的に前向きになれます。

頭皮に栄養を与えると共に最大の敵であるストレスを回避する

髪が抜けてしまう原因は、様々な要因によって髪の成長が阻害されるという事です。十分に育つことが出来ず、成長過程で抜け落ちてしまうという状態になります。そのため、その成長を促す意味で毛根に栄養を与える事が必要になります。多くの効果的とされる薬効成分によって構成されている育毛剤などは、理にかなったものであり、弱って成長しきれない髪や、これから生えてくる毛根に栄養を与える形となります。さらに一番気をつけるべき事は、何と言ってもストレスを溜め込まない事かもしれません。ストレスはどんな病気でも大敵ですが、特に頭皮はその影響が出やすいものです。ストレスによって体と心の不調を招く事で、抜け毛は増えてしまいます。それを避けるためにも、自分にとっての過度なストレスは回避するという事を意識して生活していく事が必要です。